女の人

クマを治すなら治療が効果的|悩み事を一つ解消

根本的な解消のために

レディー

筋肉の収縮と皮膚の癖

眉間のしわは、目元や口元などのしわと比較すると、深い分目立ちやすいことが特徴です。なぜ深く刻まれてしまうのかというと、眉間の筋肉は、目元や口元の筋肉よりも発達しているからです。力むと収縮しやすいため、その分皮膚が強く大きく引っ張られてしまうのです。そのため美容外科では、眉間のしわの解消のために、筋肉を収縮しにくくするボツリヌス菌の注入がおこなわれています。また、たびたび引っ張られることで皮膚に癖がついている場合は、収縮を抑えてもしわが残ります。そして美容外科では、そのしわを埋めることのできる、ヒアルロン酸の注入もおこなわれているのです。どちらも注射1本で手軽に注入できる上、併用することで一層高い効果が期待できるようになるため、注目されています。

半年おきの注入

ボツリヌス菌の効果は、約半年ほどとなっているので、効果を持続させるには半年おきの注入が必要となっています。ところが、半年おきの注入で収縮しにくい状態を持続させていれば、やがては筋肉にその癖がつきます。すると、以後はボツリヌス菌を注入しなくても済むようになるのです。一方ヒアルロン酸も、基本的には効果の持続期間は約半年となっています。そのためボツリヌス菌と同様、半年おきの注入が必要ですが、これもやはり収縮を抑えているうちに、注入が不要になっていきます。なぜならターンオーバーによって、しわの癖のついていない新しい皮膚が作られていくからです。このように、これらの定期的な注入により、眉間のしわを根本的に解消することが可能になるのです。